デジタル一眼レフガイド TOP → デジタル一眼レフの基本 デジタル一眼レフとは

デジタル一眼レフとは

フィルムの一眼レフもデジタル一眼レフも、基本的な構造は同じですが、デジタル一眼レフの場合は、フィルムの位置がCCDとなっています。撮影時は、ミラーが跳ね上がることにより、CCDに光が導かれて、光の色や強弱を電気信号に変換する事で、データ化して、記録が出来るようになっています。ちなみに、 ミラーが上がっている最中は、ファインダーがブラックアウトするので何も見えなくなります。

ミラーを跳ね上げて、CCDに光を当てる事で撮影出来るというのは、普通のデジタルカメラにはない、デジタル一眼レフの特殊構造になります。そして、撮影に使う光と、構図やピントの確認に使う光を同じところから取り込みますので、レンズに写った時と撮影した時の視差が少ないというのがデジタル一眼レフの1番のメリットでしょう。

このように、撮影用のレンズとファインダーがわかれているコンパクトデジタルカメラに比べると、構造が複雑で高価になりますが、ファインダーで覗いた通りに、撮影することが出来ますので、一昔前までは、プロ向けやマニア向けの中高級機として普及していました。ただ、最近では、一般の方でも手にする機会が多くなってきているようです。

しかし、デジタル一眼レフのようなプロが使っているような高級なカメラを使えば、良い写真が撮れるというわけではありません。良い写真を撮るためには、被写体の知識や写真の撮り方の工夫なども必要となるということを忘れないようにしましょう。

デジタル一眼レフの基本


ムノバール
ムノバールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!