デジタル一眼レフガイド TOP → デジタル一眼レフの基本 一眼レフの利点

一眼レフの利点

一眼レフの最大のメリットは、何と言っても写りの良さです。画質に優れていると評判のデジタル一眼レフカメラの画素数は、600万〜800万画素が中心でかなり優れています。しかし、コンパクトデジタルカメラでも上位の機種は、一眼レフと同じぐらいの画素数のものがあります。では両者で異なるところはどこでしょうか?

それはCCDの大きさにあります。コンパクトデジカメが1/1.8〜1/2.7型の小さなCCDを搭載しているのに対し、デジタル一眼レフカメラはAPS-Cサイズと呼ばれる大型のCCDを採用しているのです。これを面積比にすると約15倍もの違いがあります。この差が、同じ画素数であっても、画質に大きな違いを生むのです。

また、一眼レフカメラは起動も早いのですが、ピント合わせに関しては、コンパクトデジタルカメラでは、とうてい敵わない素早さと、操作性を用いています。そして、バッテリーのもちが長いのも、一眼レフカメラの利点の1つでしょう。デジタル一眼レフカメラは、ほとんどの操作が、ダイアルといった、アナログ的な操作に付け加え、被写体の確認は、電池を全く食わないファインダーを覗くことによって行いますので、バッテリーの持ちが良いのです。

デジタルカメラは、近年、どんどんコンパクト化、低価格化が進んでいますので、これまでのフィルムカメラでは考えられないほど、多機能で高画質な製品が安く購入することが出来ます。一方で、デジタル一眼レフカメラは、低価格化が進んだといっても、まだ価格は、10万円前後と高額でサイズも大きくなっています。しかし、それでも人気なのは、デジタル一眼レフにしかない、以上のようなメリットがあるからだと思われます。