デジタル一眼レフガイド TOP → 撮影に必要な機材 ブロア

ブロア

ブロアとは、ゴムで出来た球状に細い管がくっついたもので、空気を圧力で噴出させ、カメラ本体の内部やレンズについたゴミを、吹き飛ばす道具になります。

ちなみに、ブロアには、細い管と球状の部分が一体になったものと、取り外せるものがあります。そして、この細い管が取り外せるものを使用した場合、たまに空気圧を送り出している時に、先端が外れて、カメラ内部を傷つけることがありますので、ブロアを選ぶならば、先が外れないタイプの一体型を選ぶようにしましょう。また、たまに粉がついていて、それがカメラ内部に付着する場合がありますので、粉がついていないものを選ぶようにもしましょう。

また、ブロアは、一眼レフの掃除をするのに、必ず使われるわけですが、その掃除の手順は、以下のようになります。

1・ボディについたゴミをハケとブロアで落とします。
2・内蔵ストロボも上げて、くぼみのゴミをブロアで飛ばします。
3・レンズを外し、メニューからミラークリーニングアップを選択し、シャッターを切ります。
4・ボディを下に向けて、ブロアで斜めから吹きつけます。
5・レンズを取り付けて、再び撮影して、ゴミが残ってないか確認します。

これを数回繰り返すとほとんどの場合、ゴミは取れるでしょう。また、自分で掃除する自信がない場合はサービスセンターに持っていくとやってもらえます。

ゴミはレンズ交換式一眼レフの天敵であるとも言えます。銀塩カメラだとフィルムを回しているうちに、取れたりすることがあるのですが、イメージセンサが固定のデジタル一眼レフだとゴミはなかなか取れません。また、色によっては、あまり目立ちませんが、黒色などだと、写真にはっきりと写りこんで写真を台無しにしてしまいます。ですから、ブロアを利用し、普段から掃除をするようにしましょう。

撮影に必要な機材


リルテック
リルテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

不用品回収 千葉 成田 茨城
http://www.eco-harmony.co.jp/