デジタル一眼レフガイド TOP → 用語集 シャッタースピード

シャッタースピード

シャッタースピードとは、イメージセンサに、光を当てる時間のことを言います。簡単に言えば、露出時間とも言うことが出来ます。適正なシャッタースピードは、レンズの明るさや、撮影環境や被写体の明るさなどによって、光をあてる時間が変わりますので、露出を決定する絞りと綿密な関係にあります。ちなみに「絞り」というのは、光の量を調整する穴をつくっている板のことです。

シャッターというのは普段は閉じていますが、撮影する際に、シャッターボタンを押して「カシャ」と音が鳴った瞬間だけ、シャッターが開いて、受光部である撮像素子に光が届き、またシャッターが閉じます。このシャッターの開閉時間が、シャッタースピードなわけです。ですから、シャッタースピードが速いと、少ししか光が入りませんし、シャッター速度が遅いと、たくさんの光を取り込むことが出来るということになります。

このことから、明るいところでシャッター速度が遅いと、光が入りすぎて、撮った写真が真っ白ということになりますし、暗い場所でシャッター速度が早ければ、十分な光を取り込むことが出来ないため、真っ黒で何も見えない写真になってしまいます。ですから、ちょうど良い写真を撮るには、撮影環境や被写体の明るさに合わせて、シャッタースピードを調整する必要が出てくるわけです。

しかし、わたしたちが使用している最近のデジタルカメラなどは、カメラ自体が、撮影環境に合わせて、自動でシャッタースピードを調節してくれるようになっています。ですから、特に何もする必要はないと思われます。ただ、シャッタースピードを操ることが出来るようになると、水しぶきの跳ねた瞬間の様子や夜景など、こだわりのある写真を撮ることが出来るようになりますので、そのような表現をやってみたい方は、試してみてはいかがでしょうか。