デジタル一眼レフガイド TOP → 用語集 絞り

絞り

絞りというのは、光の量を調整する穴を開閉させる板のこと、または、レンズから入ってくる光の量を調節する仕組みのことを言います。

一般的なカメラの内部には、撮影する時に、適切な光が、フィルム(撮像素子)に当たるように、光の当たり具合を調整することが出来る機構を内在しています。この光の当たり具合を調整出来る機構は、大きくしたり、小さくしたりすることが出来るようになっていますので、撮影する場所の明るさなどによって、微妙に開き具合などを調整することが出来ます。具体的には、これが「絞り」となります。ちなみに、絞りを大きくすることを、絞りを開けると言い、絞り穴を小さくすることを、絞り込むと言います。

一般的なデジタルカメラでは、カメラ自体が、周りの光や設定などに応じて、自動的に絞る量を決めてくれるようになっています。ですから、基本的には、絞りに関して、いじる必要もありませんし、あまり深く考える必要もありません。ただ、一眼レフカメラなどでは、絞り値を自由に操ることが出来ますので、その絞りを利用することで、写真を、いろいろな表現で撮影することが出来るようになり、より楽しむことが出来るようになっています。

ですから、写真にこだわりたい方などには、絞りを試してみることをおすすめします。しかし、絞り値を自在に操るというのは、初心者の方には、少し難しい作業になりますので、とりあえず最初の頃は、絞り=光の通り具合を調節するもの、というふうに覚えておくと良いと思われます。