デジタル一眼レフガイド TOP → 用語集 ISO感度

ISO感度

ISO感度とは、撮像素子(イメージセンサ)の感度を、数値化したもののことです。

光の当たり具合を調節するために重要なのは、シャッタースピードですが、ISO感度を調整することで、早いシャッター速度でも十分に露出させることが出来るようになります。簡単に言うと、ISO感度を上げることによって、暗い場所でも明るく撮影することが出来て、手ぶれも少なく、綺麗に撮影することが出来るということです。

先ほども触れましたが、ISO感度自体は、ISO100、ISO400といったように、数字で表現されるようになっていて、この数字が大きくなればなるほど、感度が高くなります。感度が高いと、少ない光量でも、明るく撮影することが出来ますので、シャッタースピードも速くすることが出来、更に絞ることも可能です。

また、一般的には、ISO100が最も感度が鈍いとされていて、200、400、800、1600…というふうに2倍ずつ上がっていくようになっています。最近の高性能デジカメでは、ISO感度も性能が上がっていますので、ISO10000超えなどという高機能のタイプもあるようです。

これだけ見ると、ISO感度が高ければ高いほど、撮影するのに光量が少なくて良いので、撮影しやすくて、良いと思うかもしれませんが、実は、ISO感度の上げ過ぎは良くありません。というのも、ISO感度は上げれば上げるほど、ノイズが乗りやすくなり、画質が悪くなるというデメリットがあるのです。ですから、画質にこだわりたい場合は、感度の上げ過ぎには注意しましょう。

高機能なカメラであれば、上げても画質が悪くなりにくいようにはなっていますが、基本的には、やはりノイズが乗りますので、上げ過ぎには注意するようにしましょう。