デジタル一眼レフガイド TOP → 用語集 ホワイトバランス

ホワイトバランス

ホワイトバランスとは、いろいろ撮影条件下での色の違いを調整し、白いものは、白いと見せるための機能になります。

例えば、白い箱を写真に撮ろうとした時、ホワイトバランスを正しく設定しないと、黄色っぽく見えたり、青っぽく見えたりします。また、撮影する場所によっても見える色は違ってきます。太陽光の下だと黄色っぽく見えますし、白熱電球の下だと青っぽくみえます。

これは、色温度が違っても、人間の目では、どのような光源のもとでも、白い被写体は白に見えるという順応性がありますが、機械にはその順応性がないためです。つまり、人の目には白く見えるものであっても、カメラでは、設定をしないと、白いものでも黄色っぽく、写ったりしてしまうのです。

ですから、きちんと白色を出すためにも、ホワイトバランスを正しく設定する必要があるのです。設定1つ間違えるとガラリと感じが変わってしまいますので、注意しなくてはなりません。

このように説明すると、設定することがかなり難しいように感じるかもしれませんが、最近のカメラはどんどん性能が上がっていますので、色合わせもきちんと出来るようになってきています。ですから、普段は「オート」に設定しておけば、問題はあまりないと思われます。

オートにしておけば、撮影する時にカメラが、光の色に応じて自動的に調整を行ってくれます。ですから、故意に、このような色にしたい…という場合は、設定を変える必要がありますが、それ以外の場合はオート設定にしておけば、あまり失敗することはないでしょう。

用語集


不用品回収を岐阜
不用品回収を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

アピドラ 添付文書
アピドラの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

社章作成
http://www.pokers.jp/cb/cb.htm