デジタル一眼レフガイド TOP → 用語集 露出補正

露出補正

露出補正というのは、自動露出で算出された露出値を補正することを言います。通常であれば、写り具合の明るさは、カメラが決めてくれますが、写真を撮った後で画像を見て「もう少し明るくしたいな」、「もう少し暗くしたいな」ということもあると思います。そういう時に「露出補正」を使用すれば、明るさを微調整することが可能になります。

被写体が明るい場合は露出アンダーに、逆に暗い場合は露出オーバーになりやすく、写真全体が明るすぎたり暗すぎたりと、変わってきてしまい、不自然な出来上がりになってしまいます。このようなことが起こる原因には、カメラに内蔵されている露出計が関係しています。

カメラの露出計は、撮影しようとする写真全体が白い場合、白いとは認識せず「明るい」と認識してしまいますので、結果的にシャッタースピードを速く設定してしまい、暗く写してしまいます。それとは逆に、写真全体が黒い場合は「暗い」と認識してしまい、結果的にシャッタースピードは遅くなり、明るすぎる写真になってしまうのです。

そこで、露出補正をかけることにより、その色合いの変化を防ぐことが出来ます。ちなみに、通常露出の単位は「EV」というものであらわされますが、通常のカメラだとEV値を-2〜+2ほどまで変化させることが出来ます。+修正は明るく、−修正で暗くすることが出来ます。

マニュアル設定以外は、カメラが露出を自動で決めてくれますが、万能ということではありません。ですから、画面に明暗が極端にある場合などは、自分が思っているような明るさで撮影してくれないこともあるでしょう。そういった場合は、露出補正を使って、明るさを調整し、撮影してみましょう。